会社概要/代表あいさつ

GREETING

秋印株式会社

代表取締役 三浦 征善

 第43期2018年度の経営計画書を発行するにあたりご挨拶を申し上げます。日頃はお取引先様をはじめ関係各位様よりご指導ご愛顧を賜り感謝申し上げます。
 また、役員幹部をはじめ社員の皆様には日々業務に精励いただいておりますことと、社員を支えていただいているご家族に対しましてもあわせてお礼申し上げます。
 さて、我が国経済の現状は、17年10月時点で高度成長期を抜き、戦後2番目の長さとなりました。今回の特徴は消費関連の回復は弱いものの、大手企業収益や雇用関連の回復が強い点にあります。労働需給の逼迫から全都道府県の有効求人倍率が1倍を超えるなど地域への広がりも特徴的です。
 また、17年から団塊の世代が70歳に達することから、18年度にかけての労働需給は一段の逼迫が予想され、地方における労働力の確保は重大な局面を迎えるものと思われます。
 一方、海外経済の現状、特に米国経済は緩やかな拡大を維持しているが、外交・安全保障・貿易等、我が国への影響予測が報道されております。
 特に通商政策は注視する点で、先行きはトランプ政権の政策運営によって大きく左右される公算が大きいと思われます。
 この様な状況の中、我々物流業界は労働力確保という根本的な課題への対応を求められております。加えて労働環境の改善要請は一層強まり、働き方改革への取り組みが加速するものと思われます。その結果、受託貨物の制限やサービスの見直し、特に長時間労働などの従来型モデルからの脱却は急務と思われます。
 当社はこの様な観点から、安全と安心を最優先したコンプライアンスの徹底と環境負荷低減の両立を実現し、この状況をチャンスと前向きに捉え一層気を引締め健全な企業経営に邁進したいと考えております。
 18年度は新中期3年計画の初年度となり、港湾地区への新倉庫建設の年度となります。このプロジェクトを成功させるためにも一層の物流品質向上と、地域連携・企業間連携・社内連携の強化が求められます。
 そのためには、中核人材の育成と外部環境変化に即応出来る機構組織体制の変化を図り進化し続けなければなりません。
 計画達成に1日でも早く近づき次のステップへ進めるよう、社員一同はコミュニケーションを充実させ情報を共有し、互いに尊重し合う高い志と人間力の向上を以て誠実に業務へ精励されるよう期待いたします。
  “Logistics Alliance ありがとうを創造・提案”する秋印。物流を通じてお客様、社員、地域社会に感謝され必要とされる企業づくり。
 当社はこれからも地域NO1企業づくりに邁進いたしますので、引続き関係各位様のご協力をお願い申し上げご挨拶とさせていただきます。

秋印 株式会社

〒010-0802 秋田県秋田市外旭川字一本木80-4
TEL 018-869-7890 FAX 018-869-7310

Copyright (C) Akijirushi Co.,Ltd. All Rights Reserved.