物流コンサルティング

物流コンサルティング

当社では、物流に関するコンサルティングを行っております。
お客様の物流における問題点をヒアリング等で抽出し、その解決に向けて様々な仮説を立て、 お客様のロジ戦略を長期的な展望のもとに企画・提案し、実施サポートを行います。これらによってお客様の「最適物流」の実現を目指し、経営の効率化に貢献します。

最適化へのプロセス


具体的コンサルティング業務の遂行

1.ヒアリング 現状における問題点のピックアップと改善点の把握

  • 会社概要
  • 理念と戦略
  • 物流及び商流関係組織
  • 物流概要
  • 取扱商品
  • 主要顧客
  • サービスレベル
  • 合理化の方針
  • その他
2.現状診断 実際に現場を見せていただき以下の点を調査。

  • 環境改善要素(ムダ・ムリなど)
  • 商品動向(種類・形状・季節変動など)
  • 入出荷等の作業分析(入出荷日・作業場所・数量・伝票関係・入庫元・出荷先など)
  • 在庫関係(保管場所・数量・管理区分・滞留期間など)
  • 作業人員数
3.情報システム 情報システムの分析

  • 既存情報システムの機能・規模
  • 生産・販売・物流のインターフェース
  • 得意先マスター状況(得意先のコード・名称・住所その他情報の現状など)
  • 商品マスター状況(商品コード・名称・サイズ・重量・容積・温度/期限管理区分など)
4.流通調査
  • 生産資材調達のタイミング・量・輸送手段・方法など
  • 商品の出荷タイミング・輸送手段・輸送会社・運賃・伝票関係・運賃清算方法など

分析に必要となるデータは、それぞれのご依頼パターンに合せ上記の項目よりセレクトします。
Consulting

お客様より各種のデータをお預かりし、現状の物流における問題点の分析を行います。
さらには、当社のサービスをご利用いただいた場合のシミュレーションを行い、お客様における現状の
物流コストとの比較などを行います。
お預かりしたデータは物流全体を把握することに活用され、物流ソリューションの基礎資料とします。
分析に必要な期間は、ご依頼の内容・規模・条件やシステムの規模などによりかわりますが、短期間であっても概ね2~3ヶ月程度必要となります。